設計品質システム



Database of Knowledge

ティー・エス・ジーの設計品質システムは、「ISO9001」の思想に則り、更にティー・エス・ジー独自の経験と方針に基づいて 作られています。アウトプットの品質向上と品質安定の為、継続的な改善を行っております。


ティー・エス・ジー設計品質システムの特徴

  • DBKシステム/品質造り込みシステムの強化
    • 長年の設計経験の蓄積(ノウハウ、過去トラ、品質ニュース)を盛り込んだ、DBK(Database of Knowledge)
      システムを構築、活用。

    • DBKシステムを構想設計段階より反映させる事で設計の手戻りを回避。

    • DBKシステムから生み出された独自の品質マニュアルとその継続的改善。

  • 要求事項の確認
    • まずはお客様からの要求事項を明確に。

    • 要求事項を確認・記録、要求事項レビューの実施。必要であれば、最高の製品作りへ向けた提案もさせていただきます。

  • 依頼元のレビュー日程を踏まえ各技術部門で、開発ステップ毎に社内レビューを実施。

    • 構想設計DR、詳細設計DR、詳細設計DR、PCBレイアウトレビュー、PCB設計レビュー、機構構想設計前DR、
      評価・検証DR

  • アウトプット妥当性検証
    • 要求仕様との検証、課題処理が適正で漏れが無いかを確認しています。

  • 品質調査の徹底
    • ティー・エス・ジー独自の厳重な評価基準を取り入れ、顧客満足度調査の実施を行っています。

  • 試験、試作検討ソフトの作成、活用
    • システムテストプログラム、試作検討用ソフトを独自で開発、活用し、設計期間にロスを出しません。

  • 信頼性テストの実施
    • 豊富な環境試験機を活用し、開発中の各段階における信頼性試験の実施。